博多どんたく港まつり

07-07-15 duyanh20 0 コメント

勉強やアルバイトなどで色々な悩みを持ち、日本福岡市へ来た新学生でも福岡の博多どんたく港まつりが近づくたびに、ほとんど困っている問題が住民や世界各国から日本に住んで学んでいる人と一緒にいて、賑やかな雰囲気の中で消えていきます。
博多どんたく港まつりは住民だけではなく、世界中から来た人達の交流の機会ができます。また、博多どんたく港まつりも日本へ来た留学生にアルバイトの機会を提供します。

1

記念写真

     博多どんたく港まつりは留学生が実際に住民の文化を学習できます。それで、留学生に交流及び共同学習を進める機会を与えるため、言語アカデミー・専門学校・短大。大学でよく交流会が開催されております。また、日本に来た目的達成のために経験者の話を聞く事で、人生経験や学習経験を共有させてもらえる機会があります。

2
3
ベトナム人留学生が博多どんたく港まつりに参加してる

     L日本のお祭りのタイプは大きく二つに分かれる。
第一のタイプは神道に関しての伝統的な祭りであり、第二のタイプは特別な日の際に地域で開催しているコミュニティ祭りであります。お祭りは儀式多様な形で占められます。
地元における多様な儀式があり、日本にある神社の神道が信仰心と共に住民に組み合わさります。その中でコミュニティーとして開催され、大勢の人が参加する事を「お祭り」とも言われます。

4

日本文化を特徴的に示す日舞

    博多どんたく(はかたどんたく)は福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に開催される祭りであり、「どんたく」とは、オランダ語の「Zondag」「日曜日」(ゾンターク:休日の意味)がその語源と言われています。福伸流、恵比寿流、大黒流の3福神と稚児流の4流で構成され、華やかに飾られた花自動車や、海外や国内のお祭りがゲスト参加、路上ステージでのパフォーマンスが各場所で行われたり。3福神は馬にまたがり、子供たちは祝い唄を歌い、大人たちは笠鉾を立てて市内を練り歩きます。そして、戦後復活したばかりの頃は、瓦礫の中、三味線や太鼓の音が町に勇気を与えました。800年前(グレゴリオ暦1179年)に病没した平重盛に博多の人が恩を報うために始まったと伝えられます。

5
Cùng diễu hành trên đường phố


Share This